きいろしまえなが。へようこそお越しくださいました!ごゆっくりどうぞ♪


電気がつきました!修正版

2018.09.07 Friday

JUGEMテーマ:日記・一般


本州から電気を分けてくださり、ありがとうございます!寝ないで努力してくれた北電、JRなどありがとうございます。やっと本日19時に家の電気が復旧しました!


コメント、感謝!
(※節電の為、コメ返省略します。)


揺れが来たときは、和室で寝ていましたが、雷が家に落ちたようなバリンバキバキバキ!!という音が聞こえて家が縦にズレた感じがして、その0.5秒後ぐらいに警報の音が…そしてすぐに立ち上がれないような縦なのか横なのかもわからない揺れが真っ暗闇の中来ました。オカメインコを小さなかごに入れ、急いでガラス戸と扉を開けて逃げ口を確保し、揺れが少しおさまってから、手探りで懐中電灯とラジオを見つけるまで、避難用具を準備していたにもかかわらず床に落ちたものが邪魔になって時間がかかりました。

この時、約10分程度は通信はまだでき、すぐに身近な人とスマホで連絡をとりました。安否確認の心配をかけないためには、自身直後から10分間で被災者側から大切な人にはすぐに連絡したほうが良さそうです。

必需品がない場合は、揺れがおさまってすぐ24時間営業のコンビニへ行くと並ばずに調達に間に合います。




日が出できてから、部屋の状態が見えてきました。二重窓の内側の窓は、揺れによって半分横にスライドしていて、グランドピアノはローラーと皿が数センチずれ、電子レンジは落ちかけているような状態に。お隣さんは食器棚も倒れお皿が割れていたそうです。

北海道の家は雪の重みにやや強く、山のふもと、斜面、地盤がよっぽど緩いところなどで無ければ全壊することはなかなか無いところが大半だと思いますが、今回はとにかく電話もメールも充電もできず、手回しラジオやLEDライト、奇跡的に出る水道やプロパンガスのみが頼りでした。

公式ホームページなんて紹介されても観れる筈は無く、充電できる場所は遠く、辿りつけても常に数十人待ち、スーパーなどは何百人待ち。朝一番でも店に入ることすら難しい状況でした。

ガソリンスタンドは500台待ち
しかし、うちの兄の話では地震が来てすぐ夜中営業しているコンビニへ行くとまだ空いていて、ぱっと見ではおにぎり→パン→お弁当の順にみるみるうちに売り切れていったそうです。


ロボット掃除機なんかは、停電しても充電されていて動くんだから、これにスマホが充電できる機能があったら良いし、絶対売れるのに! と思います。




地震直後は、外に出ているご近所さんは誰もおらず、おさまって窓から覗くと皆さん、家の中に居るようで、誰も見えませんでした。


ホームセンターではラジオや電池がすぐに売れてしまうようです。 お風呂は入れず、今朝は水で洗いました。


【1日目】
どこで電気を繋いでいるのか、芝刈り機で芝を刈るご近所さん。(やる事無くて暇なのはわかるけど、今でなくても良いんじゃ…そう思っている私も、朝8時からピアノを練習し、トイレ掃除をしたりしてその後仮眠をとります。)

朝サラダとパン、ゆで卵
昼冷やし中華
夜ホタテとしらたきの肉なし肉じゃが、豚汁、おかゆ

※夕方、町内でご飯に困っている人のために急遽ご近所さんで米などを集めて炊出し


(この日の夜は、とても美しく、プラネタリウムがもっと浮き出てくるぐらいはっきりみえているような星空を見ることが出来ました。織姫と彦星などもハッキリと。)


【2日目(本日)】
朝豚汁、おかゆ
昼ジンギスカン、おかゆ、ゆで卵、帆立としらたきのジャガイモなし肉じゃが、スイカ
夜シチュー、おかゆ、のむヨーグルト

(家の中でキャンプをしている感覚。)

【3日目】

ワインが飲めるピアノセミナー中止になりました。残念。

やったー!43.8キロになり、とりあえず1kg痩せました!食事制限なしのダイエットは良い感じです。

朝炊き込みご飯、味噌汁、ゆで卵、スイカ

昼味噌ラーメン、ゆで卵、野菜ジュース
夜炊き込みご飯、味噌汁、焼いた鶏の胸肉

連絡は全く取れないままでしたが、うちはお陰様で冷蔵庫や冷凍庫をあまり開けないようにして、更に保冷剤は肉の上にのせて冷凍状態を1日程度保つことができ、食材を無駄にせず済みました!!


(スーパーの行列、やや解消。それでもレジから肉売り場までズラーッと並んでいます。品物は、からっぽです。)


また、車の中でテレビを観て過ごす家族や、コンロがIHで火が使えなくても、炭があるから外でバーベキューをしているという家もあります。(オススメはできませが…。)なぜか食事は普段より豪華で運が良かった…。 道産子(北海道の子どもたち)も外で野球をしていて、案外札幌の方たちは楽しそうです(←学校が休みになるからかしら)。

札幌は電気が復旧したとラジオで耳にした時、まだまだまっ暗な家が周りに多く、街の中心と病院まわりだけだろうとイラッときましたが、余震も今のところまだ震度4ぐらいに留まっていて睡眠時間が確保できました。

オカメインコは、怪我はありませんがストレスで体重が7グラム減りました。



水、ラジオ(手回しと電池式両方だと安心)、LEDライト複数、電池、ウェットティッシュ、食料、マウスウォッシュ、住むところ


津波の心配がなければ、これがあると携帯電話が無くてもとりあえずは生活できました。我が家は本当に恵まれていて、車やプロパンガスがその他にあり、避難所を使わずに済みましたし、復旧も一週間はかかるんじゃないかと思っていたから、いろいろ言われているけれど電力会社の職員の方々に本当に本当に感謝しています。

明日は本地震が来るなんて噂もあって怖いけれど、気を抜かずに睡眠時間を確保してなんとか生き残ります!


それではまた!

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL